僕は君と、本の世界で恋をした

2人の運命を変えたのは、一冊の本だった。

333 371

恋愛 完結
2時間39分 (95,097文字)
改稿を重ね、スターツ出版文庫で書籍化されました

あらすじ

大学1年の夏、桐谷文乃は図書館で一冊の本を手に取った。 何故かとても惹きこまれ、愛しく感じてしまう本の内容。 その本を読み終わった時、突然声を掛けてきた1つ年下の篠崎優人。 優人は、その本はノンフ

感想・レビュー 2

※このコメントはネタバレを含みます

1つの映画を観たかのようでした。 私も、文乃さんが読書をする時と同じように、この物語に惹きこまれていきました。 作者様も、本がお好きなのでしょうか。単純に、本を巡ると2人の話ではなく、本が好きな人々

その他情報

公開日 2016/11/16

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る