prologue

1/1
1119人が本棚に入れています
本棚に追加
/193ページ

prologue

気が付いたら、恋をしていた。 子供の頃からずっと一緒にいた。 当たり前のように隣にいた君は、いつも隣にいるのに、いつも遠い。 それを『初恋』と呼べば聞こえはいいけど それはあまりに長すぎた恋だった。 そして、ただ君を好きなまま、私は大人になった。 いつも笑っているところも 嘘のつけないところも 本当はあまり器用じゃない性格も 優しいところも、意地悪なところも。 『バカ響』 私をそう呼ぶ声も 全部大好きだった。 私の長くて小さな恋は 君にとってはきっと…取るに足らないもの。
/193ページ

最初のコメントを投稿しよう!