絶望の島と奥手な騎士

21/23
172人が本棚に入れています
本棚に追加
/44ページ
「あれとちゅうしてみていい?」 「オレの目の前で、阿保トリスタン1号とちゅうしたいだと?」 「馬鹿とか、阿保とか、紛らわしいぞ」 「じゃあ、かわいいトリスタン1号にするか?」 「なんで、ぬいぐるみにかわいいとか言うんだよ」 「そうだな、よほどお前の方が可愛いな」  ん、俺が可愛いとかなんか変な気がしたけど、ぬいぐるみに可愛いはないよな。うんと頷くと、ソロモンがまた俺の唇を吸った。ぬるっぬるって舌動かすのやめてほしいんだけど、ふぁあとか、んんっとか変な声しか出ない。ソロモンの手が身体を撫でまわすから、ますます気持ちよくなる。  いや、いや、そんなんじゃダメだって。 「いや、ちょっと待て、ソロモン」  乳首を舐めようとしてたソロモンの頭をぐいっとおさえる。ソロモンが上目づかいに見上げて、雄ですってその表情にぞくっとした。 「なんだ」  ソロモンがうるさいなって顔をして、我が物顔で俺の腰を抱き寄せた。唇の間から見える赤い舌にぷるぷる震えると、ゆっくりと微笑んだソロモンが俺の胸に舌を這わせる。 「やっ、やっ、それ、やめ」 「何故だ?」 「気持ちいいだろ!」
/44ページ

最初のコメントを投稿しよう!