第3話 時渡りし想ひの果て

1/4
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/14ページ

第3話 時渡りし想ひの果て

気がつくと、私はただ1人、夕焼けに染まるあの部屋にいた。 彼のいた気配のあるあのときではない、最初にいた場所。 私は泣いていた。手にした本に私の涙が染みを作る。 『私は長くない。わかつていた。誰にも看取られず、消え行くことやむなし。』 そのあとには白紙ばかりが続く。それでも私は、頁を捲り続ける。 ……あるはずのない文字が目に飛び込む。 『時違えども君を想ふ。 わかつていた。気がつかないふりをしていた。 それでも私は君を愛す。死しても永久に愛す。』 危惧していたことだった。 けれど、私は胸がいっぱいで、涙を止めることが出来なかった。 期待、していたのだ。してはならない期待を……。 彼の人生を変えてはならなかったのに……。 この本を持っていきたかった。でも、それは許されることじゃない。 そっと文机に本を戻すと、後ろ髪を引かれる思いで部屋を出る。 ずっといても、もう彼には逢えないだろうから。 アパートを出て、耐えきれず振り向いた。 ……私は愕然とした。そこは、鉄の廃材が少し並んでいるだけの空き地だったのだ。
/14ページ

最初のコメントを投稿しよう!