まるでシャボン玉のように

私は幻 私は影 あなたは何を見つめているの?

仁科 カンヂ

5分 (2,661文字)
連載開始

5 46

あらすじ

ふわふわ ふわふわ 違うことに疲れちゃった 分けることにつかれちゃった 色は移り変わり境目がない なのにどうして私には私の境目があるんだろう 私はどこまでも続き 濃くなったり 薄くなったり そ

タグ

感想・レビュー 2

(応援)女の子が作ったシャボン玉。 薄い膜に覆われた内側は、音や色さえもあやふやで不鮮明な世界。 外側は雁字搦めで窮屈な、青く、棘のある世界。 身体から零れ落ちていく鈴は、それまであなたを縛っていた
ネタバレあり
1件4件
真っ青な街が浮かび、鈴の音や、風鈴の音が音が聞こえてくる。 なんて綺麗な詩なんだろう。 だけど、切なくて胸が苦しくなる。 溶ける前、鈴が全て落ちてしまう前に手を差し伸べてあげたかった。 表現力
ネタバレあり
2件2件

この作者の作品

もっと見る