・・・6

40/46
3367人が本棚に入れています
本棚に追加
/417ページ
元々視力は悪かったので、 視力自体は大体受傷前と同じくらい戻り、 家から持ってきてもらったメガネでも十分よく見えた。 ただ、見える世界が狭くなって、 欠けた視界は真っ暗だったので、 いつもあの日の事がぼんやりとするとフラッシュバックのように 蘇ってしまって、心療内科で相談をすることになった。 ただその様子は、警察の方にも知らされているらしく、 もう、すべての事に嫌気がさして、私は貝のように黙ったままだったため 自傷行為などが起こったらまずいと言う事で、 退院の話は全然出てこないようだった。 その事に警察の方もしびれを切らして、 時折イライラした気持ちをぶつけられているような感じがして 怖いと言う気持ちが前面に出てしまいどんどんと悪循環になっていた。
/417ページ

最初のコメントを投稿しよう!