股寝

2/14
41人が本棚に入れています
本棚に追加
/14ページ
 ――今日が、俺たちの最後の日――  律斗(りつと)は自分に言い聞かせた。そうでもしないと、目の前に居る後輩の不可解な行動を咎められないと思ったから。 「ねえ久保坂(くぼさか)、何してるの?」 「またね」 「はい?」 「楠間(くすま)先輩の股の間で寝ること。略して“股寝”っス」 「しょうもないことを……」  久保坂は仰向けになって律斗の下腹部に頭を置き、完全にくつろいでいる。いくら彼が赤点の常習犯だからといっても、自分より背の高い男の子供じみた振る舞いに呆れてしまう。 「でも先輩、嫌がってないじゃないですか」 「……」  確かにくだらないとは思うが、嫌悪感は抱いていなかった。  ここまで気を許せるのは他でもない。彼が律斗の恋人だからだ。 「仕方ないな……こんなことさせるの、久保坂だけだから」 「あざっス!」  ごにょごにょと曖昧に呟くと、久保坂は嬉しそうにニッと笑ってこちらに腕を伸ばしてきた。その手に後頭部を捉えられ、ぐいと引っ張られる。 「わっ……!」  前のめりになった律斗の目前に、久保坂の唇が迫ってきて。心の準備をする間もなく、熱い口付けに襲われた。
/14ページ

最初のコメントを投稿しよう!