災禍と逃亡

10/12
3人が本棚に入れています
本棚に追加
/26ページ
「嘘だよな?だってカコは好きな相手には使わないんだろ!?」 信じたくない話に、ヨルドは必死で興奮を抑えた。 しかし。 「ばぁちゃ、じいちゃに酷いこと言った。酷いことした。だからカコ、一度だけ力貸した。」 返ってきた答えは無情で、ヨルドは身体中の力が抜けて膝から崩れ落ちた。 「すまん。お前にだけは聞かせとうなかった。お前はカコに魅せられ過ぎていたでな。」 村長が震えた声で言いながら、そんなヨルドの肩に手をやる。 「何でさ…僕は、僕はずっと信じてきたのに。なのに、始めからそれは無理だと決まってたのか。」 いつかは解り合えると。 そうすれば、僕はどうどうとカコを。 胸に抱いた理想の先が粉々に崩れ、ヨルドは項垂れた。 「皆ずっと黙ってたのか。家族なのに。仲間なのに。なら…!」 そこまで言葉を溢して、ヨルドはガバッと顔を上げた。
/26ページ

最初のコメントを投稿しよう!