告白

22/30
2083人が本棚に入れています
本棚に追加
/747ページ
それを口にしたことで、また気まずい空気を引き戻してしまう。 「デートって程じゃ……」 「男と女が二人で出掛けて、デート以外に何があるっていうわけ?」 少し棘のある言い方に、香音は口を噤む。 「なんで電話でないの?何度も掛けたのに」 「………用事がないなら掛けないでって言ったでしょ」 「”会いたい”ってのは、用事に入んねーの?」 さっきから香音を困らせることしか言えない俺は、心の中で盛大に溜息を吐く。 ………あぁもう……本当情けない。 小さく深呼吸をしたあと、ハンドルを握る手に力を込めると、 「……まぁ、いいよ。その代わり、今からちょっと付き合ってもらうから」 そう言うと、俺達の思い出の場所へと向かった。
/747ページ

最初のコメントを投稿しよう!