真実

18/18
2128人が本棚に入れています
本棚に追加
/747ページ
不意打ちの告白に驚く俺と違い、彼女は穏やかに微笑む。 「でも、今日で諦めます」 そう言うと、俺の背を押し、エレベーターを降りるように促す。 流されるままエレベーターを出て、後ろを振り向く俺に、彼女は気まずそうに眉を下げた。 「最後に…ちゃんと伝えたかっただけなので。困らせてごめんなさい…。だから、絶対幸せになって下さいね」 それだけ言うと、彼女を乗せたエレベーターの扉が静かに閉まる。 彼女のケジメと気遣いに申し訳なさを感じながらも、俺は香音を追いかけるため、ビルを後にした。
/747ページ

最初のコメントを投稿しよう!