最近のふたり

8/13
228人が本棚に入れています
本棚に追加
/104ページ
「あら、賢人くんもいたのね!」 下のリビングに降りていった俺と賢人を見て、母さんがそう言った。 片手には今夜の夕飯の材料が入っているであろう買い物袋が。 というか…… 「今日帰り早くない?まだ5時半だよ?」 普段なら夜の7時か9時半に帰ってくるのに…。 今日はやたらと早い。 「そうなの。今日思ってた以上に仕事が早く終わっちゃって!」 仕事を早く切り上げることが出来た母さんは心なしか嬉しそうだった。 行為へと向かおうとして結局中断し、しょんぼりとしていた俺たちとは正反対だ。 「そう…なんだ…。あ、俺…帰るね…」 気まずそうに俺の母さんにそう述べた賢人。 「あら、またいらっしゃい!」 行為が中断されたのは自分だと知るはずのない母さんは、賢人に満面の笑顔を浮かべて見送った。 母さんは悪くないのは充分わかってるんだけどね…。
/104ページ

最初のコメントを投稿しよう!