朴念仁はビターな恋の夢を見た

焦げたチョコレートのにおいから始まる父娘の交流

10 805

17分 (9,828文字)
似た者父娘の交流です。途中、父の恋愛話が入りますが。

あらすじ

二月中旬。チョコレートの焦げた臭いで目覚めれば、窓は全開、台所は散らかり放題になっていた。  娘の事がよくわからない父親と、何故か父親に辛辣な娘の最悪コンビによる、お菓子作り。  父の見た昔の夢と

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2017/2/21

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る