プロローグ

1/1
229人が本棚に入れています
本棚に追加
/38ページ

プロローグ

小晴の家から母校へと続く通学路、それから少し逸れたところの川の土手道に、桜並木がある。 『見事な』というにはささやかだけれども、どこの桜よりも小晴の心にある〝春〟を彩ってくれる。 あの日。 もう二度と来ないと、心に決めていた場所だったけど……。 春の晴れた日、今を盛りに咲き誇った桜に誘われるように、小晴はここに訪れてみた。 ……一歩ずつ、あの桜並木に近づくにつれ、小晴の心をあの頃に戻してくれる。 ほら、あの最初に見えてくる桜の木。 あの桜の下から、今小晴がここにいる運命のすべてが始まったと言ってもいい。 ここで感じられる陽射しも、穏やかな空気も、あの頃のまま。 ハラハラと花びらが落ちるピンク色の世界に囲まれて、並木が作る桜の空を見上げると……、過ぎ去ってしまった時間が巻き戻される――。
/38ページ

最初のコメントを投稿しよう!