問題事は増えていくのが基本

22/25
400人が本棚に入れています
本棚に追加
/163ページ
「さて、話だが……お前達、ここに入らねえか?」 「……えっと、つまりは今入っているギルドをやめてここのギルドに入れ……ってことですか?」 「そういう事です」 今入っているギルドをやめてかぁ……いいのか? 流石に無理矢理引っこ抜く、なんて出来ないと思うし……どうすんだろ? 「ちなみにお前らどこのギルドなんだ?」 「えっと……雷の鬼人帝ってとこです」 「私とハルは闇の研究所っていう所だ」 「わ、私はユウタ君と一緒です……」 ブレイブさんがそう聞いてきたので、俺達はそれぞれ自分が所属しているギルドの名を言う。 ……闇の研究所って怪しさ満点じゃねえか……大丈夫か? ていうかユイって俺と一緒だったのか……分からなかったぞ……。 「なるほどなぁ……それなら交渉はしやすいが……戦力が固まり過ぎるのもあれだな」 「交渉がしやすい?」 「ああ、何せ親友と友人だからな! 闇の方はお前達も会ってるんじゃないか?」 一回会ったことがある? 誰だ? 会った事があるっていう事は少なくとも学園関係だな。 その中で異色を放っていたのは……ラグ先生? 確かにあの人がギルドマスターなのは違和感ないな。 「そうだぜ坊主! 中々勘がいいじゃねえか!」 「だからどうして考えてることを……?」 「この人勘良すぎですからね……これで読心術じゃないんですよ」 つまり俺は勘だけで思っていることがバレてると。 とんでもねえよランクXは……凄すぎね? しかし……親友と友人か……それなら交渉はしやすいか。 「そうなると……協力関係になるっていうのはどうだ?」 「……つまり?」 「ギルドは辞めなくていいから、こっちが手伝ってほしい事とかあったら協力するって感じだ……勿論それに対する報酬は出すし、ギルドランクも共通にする……どうだ?」 ブレイブさんがそう提案してくる。 協力関係か……俺は問題ないな。 依頼を多く受けれるし、高ランクの魔物と戦える機会が出来るかもしれない。 今俺がしたい事だ。 力不足を感じてしまったから、今は強くなりたい。
/163ページ

最初のコメントを投稿しよう!