84/206
446人が本棚に入れています
本棚に追加
/220ページ
「向井様、いらっしゃいませ」 「うん。とりあえずビールをもらおうかな」  しばらく顔を見せなかった映画監督の向井が、ふらっとやってきた。  向井は、取り巻きを数人を引き連れて、にぎやかに料理を囲む日と、ひとりで静かに飲む日がある。今日はひとりで、一杯やりに来たらしい。そういうときは、たいてい客が少ない時間帯にやってくる。 「ビールでしたら、本日は脂ののったノルウェーサーモンがあるので、一緒にいかがでしょうか」 「いいねえ。サーモンかあ。だったらサーモンを使って、あれを作ってよ」 「あれ、とは……何でしたでしょうか」 「鈴尾くんに作ってあげてたじゃない、ワンプレート料理」 「ああ……」  あれは思いつきで作ったまかないのようなものだから、お客様に出せるメニューじゃないと、以前伝えたのだが、伝わっていなかったのだろうか。 「申し訳ありませんが、お客様にお出しできるようなものではないので……」 「客じゃないっていう、その特別感がいいんじゃない。なんで鈴尾くんにだけは、そういうことをするの?」  ガキの頃から知っているからとか、年の離れた弟みたいなもんだからとか、今までだったら、適当に言い訳ができた。     
/220ページ

最初のコメントを投稿しよう!