蛍火のおもかげ

忘れられない「心残り」ありますか。

藤田 蓮

11分 (6,359文字)
書いていて泣きそうになりました。(涙腺弱い)

16 14

あらすじ

中学二年の夏。 馨は、浴衣姿の奇妙な男と出会う。 自らを「掃除屋」と名乗る男との出会い。 馨は、それが「忘れることのできぬ夏」になろうとは思いもしなかった。

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品