プロローグ

2/2
3576人が本棚に入れています
本棚に追加
/112ページ
一瞬で恋をした彼女には、もう……運命の相手が存在していて…… 一瞬で失恋した…… めちゃめちゃタイプだった…… 綺麗で、可愛くて…… だけど……奪いたいとかは、思わなかった…… いや、違う…… 奪えなかった……が、正解。 だってさ、どんなに頑張っても、彼女の想い人に、 俺が叶う訳ないから…… 嫌味なくらい完璧で、ルックスも良くて、金があって…… 女に不自由ないアイツが、6年の片想いを、成就させて…… 再会した年に結婚……翌年には、双子の誕生とか…… 羨まし過ぎるっ! アイツみたいな恋がしたくて…… 彼女みたいな女に出逢いたくて…… 気付けば、あれから22年の歳月が過ぎた…… 本気の恋も、運命の恋も…… 俺には出逢えなかった…… きっと、このままひとりで生きていくんだと、諦めていたよ…… 君の心を知るまでは…… でもさ、だからって……突き進めないんだよ…… 越えられない壁があって、 大切だから……大切に想うから、俺なんか選ばないで、 君にあった恋をしてほしいって、 本当に願ってたんだよ……
/112ページ

最初のコメントを投稿しよう!