エピローグ

2/2
56人が本棚に入れています
本棚に追加
/100
「うげっ、気持ち悪ぃ!」 テッペーはさっぱり、遠慮のない言い方をする。 「アキ、お前もう帰れ。見た目より重傷だ。きっと熱もある」 そう言いながらテッペーは、秋哉の背中をグイグイ押して、せっかく来たばかりなのに、もう帰らせようとする。 「待てよテッペー。オレは平気だってば」 秋哉は抵抗するが、結局ポイッと校舎の外に出されてしまった。 秋哉は、 「……やっぱオレ、嫌われてんのかなぁ……」 けっこう無理をおして登校してきたのに、親友だと思っていた男から、こんな仕打ちを受け、がっくりと落ち込む。 すごすごと踵を返す。 うなだれながら、家に帰っていく秋哉の背中を見送って、テッペーは、 「危ねぇ危ねぇ。うっかりキュンとしちまった」 額に浮かんだ冷や汗を拭う。 「あんな無防備なアキ、放置するわけにはいかねーじゃねぇか。ますますオレが見張っとかないと」 秋哉の学校には、秋哉を虎視眈々と狙うオオカミどもがうようよといる。 その筆頭が、秋哉の幼なじみを名乗っている三嶋カズエ。 油断をすると女という立場を利用して、どんな罠を仕掛けてくるかわかったものじゃない。 「アキを触っていいのはオレだけだからな。もうちょっと警戒させて、アキの拒絶心をMaxにしとかなきゃいけねーな」 こんな身近なところですでに、秋哉は、最大に迷惑な愛をたっぷりと捧げられている。      了
/100

最初のコメントを投稿しよう!