複雑な家庭環境

8/9
2117人が本棚に入れています
本棚に追加
/299ページ
俺は何も悩む事はないんだな。考えてみれば両親の過去に俺は関係ないじゃないか。 へこみかけた俺はよーく考えてこの場で悩むのはよそうと、そうだ! そうだよ。 母さんが産んだ娘は、幾つかな? なんて考えていれば気分が前向きになるな。 置いてきた娘の名前は? 年は俺くらいかな?いや、年上かな? 何か知る手がかりがないかな? メモやゴミ箱の中を漁るか。母さんはもしかしたら俺に見せたくない物を捨てたに違いない。 気を取り直してゴミ箱のあるところに歩いて行くか。 父親は気分がすぐれないのか、部屋の窓越しから外を眺めている。 何か見つけたのかな? そんなのどうでも良いや、ゴミ箱だ、ゴミ箱を漁るか。 あっ!早速、見つけた、メモのようなヤツがくしゃくしゃになっている。 これだ! 名前と誕生日が書いてある。 凄いのを見つけた。 『並河彩夏サヤカ、14歳』 彩夏? 彩夏か! よーし、他にも何かないかな? 父親を尻目にして俺は異父の妹探しに必死になった。 何か手がかりが欲しい。住所や携帯の電話番号がないかな? 今までは何も感じなかった異父の妹の存在。 でも思春期の俺はこの時から異父の妹に興味が湧いてきた。
/299ページ

最初のコメントを投稿しよう!