零れ桜

1/12
31人が本棚に入れています
本棚に追加
/12ページ

零れ桜

名前も存在も知らなかったその国である感染症が流行しているとテレビのニュースキャスターが深刻な顔で言っていたが、所詮遠い国での出来事。 僕達には関係のないこと、と聞き流していた。 そんなニュースを聞いた記憶も薄れていた頃、知らない所でひっそりとそれは自分との間合いをじわじわと詰めてきていた。 国内で最初の発症者は海外旅行から帰ってきて数日後に発熱の症状が表れ、帰国からそれまでの期間周りへと菌を十分に拡散させたらしい。 その一人から、十二人の患者へと移り、その患者もまた発症までの間に菌を撒き散らす。 次々と連鎖は止まる事を知らずにどんどん勢いを増していった。
/12ページ

最初のコメントを投稿しよう!