探偵王子とフォルトゥーネ――序曲『魔女の息子』

黒井ここあ

16分 (9,212文字)

3 6

あらすじ

魔法が忘れ去られた世界。隠れ里ダ・マスケに生まれた魔女の末裔セシルは、鏡の精の少女リアがいるという文明国家モルフェシアへ行かねばならなかった。セシルの保護者を申し出たのは、探偵のパーシィ・グウェンドソ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品