快適な生活

1/6
1144人が本棚に入れています
本棚に追加
/179ページ

快適な生活

0    起きて居間へ行くと、懐かしい香りがして戸惑う。  厨房ではリオが何かを焼いていて、食欲を刺激する匂いもしているのだがそれではなく。どこかにあるだろうと思っていた、飲みたいと思っていた、これは、コーヒーの香りだ。  ふらふらと厨房へ行きそっとのぞき込むと、リオがおはようと声をかけてきたのでおはようと返し、きょろきょろと香りの元を探す。 「何?」 「いや、いい香りがするから何かな、と」 「もしかしてコーヒー? 今いる国で飲まれてるやつなんだけど、けっこう苦いよ?」  カップを差し出され、それを受け取り鼻へ近づける。うん、コーヒーだ。  そっと口をつけ、あまりの苦さに顔が歪む。期待していた分だけ落胆は大きく、俺はこんな苦みと酸味が強いコーヒーじゃなく、インスタントなコーヒーが飲みたかったとリオを睨む。 「だから苦いって言ったろ」 「違う。ところでこれの豆はあるのか? 粉か?」 「葉っぱだけど」  なぜそこで葉っぱになる! そんなとこだけ無駄に設定出してくんじゃねーよ! と、サブカルに親しんでいたややオタクよりな心の叫びと一緒に、苦いコーヒーを飲み込む。     
/179ページ

最初のコメントを投稿しよう!