嫉妬と独占欲 #2

1/5
69人が本棚に入れています
本棚に追加
/5

嫉妬と独占欲 #2

 「秀一、さん……愛して、います……」  下にいる秀一にではなく、正面の鏡に向ってそう告げ、膣をキュウッときつく締め上げた美姫はそこはかとない美しさが漂っていた。  カノンの音色がふたりの秘事に美しい彩りを添える。  美姫が緩い律動を始めるとともに、秀一は右の指先で花芽に触れるとその律動に合わせて揺さぶった。  左の指先で縊れに軽く触れると、キュンッとした締め付けを美姫の内部に感じる。  律動で揺さぶられるその美しい曲線を愛おしむように何度もなぞった。  「あっはぁっっ!!…んんぅふぅっっ……」  内壁がきつく圧迫され、大きな痙攣が打ち付けられ、ドロリとした愛液が絡みつく。  「ッグ…美姫……」
/5

最初のコメントを投稿しよう!