受賞

幸せのドッペルゲンガー

それは、彼女が選んだ最良の人生のはずだった。

20 298

SF 完結
13分 (7,736文字)
超・妄想コンテスト「○○の半分」、トンデモ賞受賞作品。

あらすじ

松永里子は考える。こんなに退屈な人生でいいの?夢や希望を感じられない。もしかして、わたしのたましいの半分は死んでしまったのかしら?もうひとりの自分…ドッペルゲンガーをめぐる、愛と勇気、そして優しさの物

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 5

短編にギュッと人生や哲学か凝縮された珠玉の作品。 素敵な絵は作者さん自身が描かれた物でしょうか? 書かれた小説全てが、キラキラ輝く宝石みたい。 無料で読んですみません、と言いたいです。

※このコメントはネタバレを含みます

※このコメントはネタバレを含みます

もっと見る

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る