ラブホテル

20/24
241人が本棚に入れています
本棚に追加
/24
この関係になってから初めて。彼の前戯が荒っぽく、全然丁寧じゃない。挿れられるのも早かった。 玩具のように乱暴に扱われても快楽が私を支配するのは、ひた隠しにしていた源の情熱を感じたから。 あの頃の彼が甦る。 キスをする余裕さえなかった少年が、今は熱い息をさせて舌を絡め、私の髪を掻き乱す。 源が私の全てを欲している。 私も彼の全てを欲している。 隙間なく埋まっているその部分に想いを隠して、何度も二人で快楽の渦に飲み込まれた。 溺れて息も出来ないくらいに。
/24

最初のコメントを投稿しよう!