人物紹介と家系・関係図

1/3
910人が本棚に入れています
本棚に追加
/961ページ

人物紹介と家系・関係図

この物語は、「とはずがたり」という鎌倉後期に成立した日記をもとに描いた創作作品になります。読みやすさ重視のため、全体的にかなり噛み砕いた少女小説風です(歴史的要素のある場面のみ本気で書いてます)。 後深草院の愛妾・二条の、愛と苦悩に満ちた半生を描いた実話の日記に、独自の新解釈を加えていますので、原典とは異なる記述があります。 原典とは異なるあらすじ、表現を含みますので、はじめにご了承くださいませ。 基本的に「良い人」はひとりもいない作品です。主人公をはじめモブ以外の全員がアウトローですが、とはずがたり作中の行動を見る限り、それは史実ですのでご理解ください。 人間の愛執と寂しさが生む裏切りと、赤裸々な愛欲の日々を告白したものが、とはずがたりという日記です。 分かりやすく描くために主要キャラクターはやや極端にデフォルメしておりますが、大筋は沿っています。 なお作品自体につきましては、作品紹介および「とはずがたりホンネトーク(作品紹介にリンクあり)」、スター特典などに詳しく書いております。併せてご覧ください。
/961ページ

最初のコメントを投稿しよう!