天使

1/1
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ

天使

 芸術家の群れの中  すました顔で立っている  薄汚れた僕を見つけた  何となく誇らしげで  何となくかっこつけてて  うらやましく思ってしまったんだ  どうしようもない世の中で  どうしようもないこの僕が  何のために何が出来る  そんなことも知らないのと  笑われている気がして  口を閉じて瞼を塞いでいた  正しいものは綺麗なものと  一体この僕に  誰が教えたのだろう  限りなく空に近いそんな山のてっぺんに  蹴落とされた天使がいて  「早く空に戻らなきゃ」  血塗れのナイフを握り  輝いてる翼をはためかせた  知りたいことと教えられたこと  その間はいったい  何で埋めればいいのだろう  限りなく空に近いそんな山のてっぺんに  蹴落とされた天使がいた  その天使が去った後に  例え何が残ろうとも  僕の手には何も残らないよ  僕の手には  残らないよ
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!