旅1

1/8
1099人が本棚に入れています
本棚に追加
/166ページ

旅1

0    この世界の動物は全体的に小さい。  けど馬のサイズは普通だと思うんだ、人間乗せて走れるわけだし。軍馬なんかは足も太い気がする。  俺の横を通り過ぎて行った馬を見送り、俺はお気楽気分で街道を歩く。  ぽてぽて、とてとて、たまにしゃがんで、たまに立ち止まり。のんびり歩けるところまで。目的地はすぐそこだと言いたげに。  道の横には小麦なのかな、もっさもっさと青い葉が伸びていて、所々で人の頭が見え隠れしている。  農作業はどこも大変だと、俺は足を止めて腰の水筒を外す。  アイスコーヒーは香りが少し飛んでいて、それでもロイドレシピで作ったので味はいい。それを口へ含み、空を見上げた。  水色の空には薄い雲。どこも変わらないものだと嚥下して、水筒を腰に戻してまた歩き出す。  また馬が俺の横を追い抜いていき、固められてはいるけど土の地面、砂埃を巻き起こして遠ざかって行く。  けほりと咳をひとつして、俺はぽてぽて歩き続ける。  ずっと王都にいて、俺の家で安寧のときを過ごしていた。  毎朝スラムマラソンをして、池の魔道具に魔力を注ぎ、絡んでくる強者を切り捨てて、ここは俺の池だとふんぞり返り楽しんでいた。     
/166ページ

最初のコメントを投稿しよう!