神様の休日

12/16
164人が本棚に入れています
本棚に追加
/243ページ
緑 「優奈様は本当に食べ物にはめがないのですね」 僕は初めて緑が笑ったのを見た 優奈 「そ、そんなことはない!(゜Д゜;)」 小さな神様は図星をつかれて、慌てている みらい 「優奈ちゃんって人間みたいな神様だね」 隣に座っている、みらいが小声で僕に話し掛けた。 蒼真 「言われてみれば、そうだね。神様というよりは、人間に近いような気がする」 緑と黒狐と違って優奈は、笑ったり、泣いたり、怒ったりと感情表現がとても豊かだ。 そう考えているうちに、霧花がふすまを開け、部屋に入ってきた。 霧花 「お待たせしました。ごちそうでございます」 霧花がそう言い、おぼんにのせた、沢山の皿の上にのった料理や鍋を机に置き始めた。 机の上には、鮮やかな赤、オレンジ、白色を象徴しあう寿司 ころもがしっかりつき、それに負けないくらい大きな天ぷら エビや椎茸、そして様々な野菜が入っている鍋が机に置かれた それを見た、小さな神様は口を開けたまま片手に箸を構えていた これは…すごい宴会になりそうだ…
/243ページ

最初のコメントを投稿しよう!