§3 死者

1/24
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/216ページ

§3 死者

「せんぱーい、あっちの方みたいですよ」  構内の案内板を見ながら、那穂が方向を指し示した。都内の私立大学の中でも、ここ城北大学のキャンパスはなかなかの広さを持っており、目的の教室を見つけるのに骨が折れる。 「学校なんて久しぶりでテンション上がりますね」 「呑気なこといってる間に、もう講義始まるぞ」 「あー、なんかそういうのも久しぶり」  目的の講義は、その世界では権威であるという森脇という教授によるものだった。先日、無事に提出したレポートを読んだ橋ノ井がその後、「技術畑の偉い人」に話を通したところ、MKラボにぜひ紹介をしたい、ということで、今日の公開講座の後で面会をすることになったのだった。橋ノ井さんは用事があるとかで、講義の後に合流する予定だ。  どうやら公開講座の開かれる教室は、中庭を挟んで反対側の棟にあるらしい。ふらふらと目移りしながらも先を駆けていく那穂を追うが、身体がだるい。  あの夜の出来事は、ラボの面々にも結局報告していない。なにしろ荒唐無稽すぎて、自分でも夢を見ていたんじゃないか、という思いがぬぐえずにいたからだ。     
/216ページ

最初のコメントを投稿しよう!