epilogue

30/32
706人が本棚に入れています
本棚に追加
/327ページ
「桃……好きやで……桃」 すっかり溺れている自分に気づいたのは 同じように溺れている人が目の前にいた から。 このままふたりでどこまでも沈んでいけ ばいい。 誰もいない深いところまで。 「なあ、桃ちゃん」 「ん?なあに?」 「桃ちゃん、ウチ来る?」 「え?もう来てるよ?」 素でその返事?
/327ページ

最初のコメントを投稿しよう!