第三十一章「らしくない朴念仁」

3/15
442人が本棚に入れています
本棚に追加
/536ページ
「べつに疑ってないっ!」  ああ、またやってしまった……小夜は小さく溜め息を漏らした。  如月と付き合うようになり、自分が相当に束縛の強い女だということを、彼女は嫌というほど思い知らされた。  現に幾度となく彼のメールやLINEの着信に反応して、いちいち目くじらを立てる始末だった。  ほんの少し前までバカにしていた女に私はなっていた……だがそれには少なからず理由があった。あの日以来、彼はマンションに誘っても来てくれない。やんわりと断られるのだ。  当然、こっちが如月家に行こうとしても即座に拒絶される。これだけ揃えば誰でも不安になるのは当然でしょ? 小夜は肩を落としながら小さく吐息を漏らした。そんな時だった如月が箸を止め、彼女を静かに見つめた。
/536ページ

最初のコメントを投稿しよう!