1、ある雪の日と青い眼の女の話

厳格な法が敷かれた鋼の政国イルクテージ、内部では止めようのない腐敗が始まっていた

やすいケンタウロス

43分 (25,257文字)
1エピソードずつ更新していくつもりです

11 102

あらすじ

目紛るしい科学の発展の始まりを告げた近世 それは、人がより遠くに行けるようになった時代 そこに存在した社会主義国家イルクテージは近辺に名の知れた鋼の政国 しかし、国内では既に止めようのない腐敗が始まっ

感想・レビュー 1

社会主義系日常小説ってのはありそうで今まで見たことなかったですね 続きも待ってます
1件

この作者の作品

もっと見る