特集

代書屋 月の筆

どんなことばを届けますか? 妖と人が交じり合う、代書屋 月の筆

二一

3時間0分 (107,481文字)
現在、あれこれ修正中です。

173 184

あらすじ

代書屋 月の筆。 そこには半妖の猫又・火月と、半妖の山狗・水月、それに隻腕の人間・月也が暮らしている。 本来、繋がり合うことのない、人と妖のことばを伝えることのできる代書屋。 人の悪意を見ることの

感想・レビュー 1

はらはら、ドキドキ、素敵過ぎて一気に読んでしまうのが惜しく、何度も栞を挟みました。続編がでたら良いなぁ!何故か心が優しくなります。悲しいのに、どこかに明るい希望が有る。たくさんの皆様に読んでもらいた
1件1件

この作者の作品

もっと見る