成就しない片思い

2/18
193人が本棚に入れています
本棚に追加
/194
私の席の周りは運動部に所属している生徒ばかりで、まだこの時間は戻ってきていなかった。 だからたいがい、私たちグループの定位置は私の席の周り。 私の目の前に多恵。私の右隣に郁だ。 「昨日の『HANA』ちゃんの更新分読んだ?」 「もちろん読んだよ。なんだかもうすぐ成就しそうよね」 「うんうん!そうなの!私もそう思うの!」 2人が話しているのは、ある投稿サイトのことだった。 プロから素人まで、自由に小説を投稿できるサイト。 WEBに投稿されている小説はほとんど無料で読むことができて、スマートフォンで気軽に読める。 小説のジャンルは様々あって、どれを読むかは本人の自由。 だけどこの高校の女子高生の多くが読んでいるのは恋愛小説で、今、誰もが話題にしているのは、ノンフィクションの恋愛小説についてだった。
/194

最初のコメントを投稿しよう!