困惑
全3/14エピソード・完結
58/846

困惑

「おい」 その声に、ゆっくりと目を開ける。 見慣れた部屋のベッドに横になっている私。 ……それを傍らで眺めている、サイボーグ御影さん。 「え?」 キッチンの椅子を運んできたのか、長い足を組むようにして、覗き込んでくる。 「それは、俺が言いたいんだけどな」
58/846

最初のコメントを投稿しよう!