第7話『決断の時』

24/27
3225人が本棚に入れています
本棚に追加
/296ページ
「お前が何を悩んでいるのか……まだ話してくれる気にはなれないか?」 「それは……」 何も言えなくて、俯いて自分の腕を抱きしめる。 「恋愛など、今までしてこなかったから、わからないんだ。もし、俺がお前に何か不快な気持ちにさせているなら……それは……」 「そうじゃない……! そうじゃないの、これは私の気持の問題で……」 白川と話したことが、頭の中をぐるぐる回る。 このままじゃいけない、それはわかっていた。 何をためらっているのか……。 やっとわかった。私が今、自分の気持を打ち明けてしまえば、皆と過ごすこの日々が消えてしまうかもしれないってこと……それを恐れていることに。 騒がしくて、迷惑ばっかりかけられるけど、でも……みんなといると楽しくて……。 この幸せを私は失いたくないんだ。 誰一人として、欠けてほしくない。 ああ……ほんと、私ってズルい。 でも、もういい加減にしなきゃ。自分の都合だけで、人の気持ちを踏みにじっていいわけないんだから。 「私……今、気持ちが迷子なの」 意を決して、そう切り出した。 「……というと?」 「宗助のことは、好きだよ……。でも、今は啓助や太一のことも気になって……その……」 「……そうか」 宗助はただ一言、そう呟いた。     
/296ページ

最初のコメントを投稿しよう!