epilogue

12/12
243人が本棚に入れています
本棚に追加
/400ページ
「姉さんにアタシを頼むって頼まれた癖に……」  ボソリと呟いた彼女の言葉に、勢いよく扉を開けた。 「オマエッ! あんとき寝てたんじゃねーのかよっ!」  慌てる神代を見て、彼女はニヤリと笑った。 「うふふ。これからも“末永く”よろしくね」  右手を差し出す彼女の手を(はた)き、「オレは“やなこった”って言ったからな。つか、”末永く”とは一言もいってねーよ! 盛るんじゃねぇっ」と、文句を言うが、彼女は、そんなことは聞いてませんとばかりに無理矢理神代と腕をくんで、「亡き姉の遺言ですから。頼りにしてますよ」と満面の笑顔を見せた。  そんな二人の間に割って入るかのように、神代にタックルをかまし、“絶対に離さない”とばかりに田口が腰に抱き着いてきた。 「神代きゅぅんっ! 俺が信頼できる霊能者は神代きゅんしかいないんだよぉぉぉ」  泣きながら懇願する肉達磨……もとい、田口と、何故かニヤニヤしている日高を見て神代は肩を竦めた。 「はぁ……しゃあねぇな……そのかわり。知ってるだろ? オレ。高いよ?」  著名人の依頼人というのが、まさかの二人。  サブ霊能者として彼らに振り回され、面倒事に巻き込まれるんだろうと、神代は苦笑するのであった。                                了
/400ページ

最初のコメントを投稿しよう!