〇〇〇の山、〇〇〇〇の里

1/95
41人が本棚に入れています
本棚に追加
/125ページ

〇〇〇の山、〇〇〇〇の里

 天に蒼月、地に深緑。  夜闇が包む人外魔境。  人は自力で空を飛び、奇妙な怪物と摩訶不思議な力を駆使する。    なれどゆめゆめ願うべからず、我らはみな非力である。    なれどゆめゆめ求むるべからず、弱き者は淘汰される。  ―――忘るるべからず、我らは無能であると。  空に浮かぶ双月を見上げて想い馳せる。  神秘が渦巻く新世界に凡人が紛れ込めばどうなるかなど、考えるまでもなかったのに――――。  ――――そんな世界に焦がれた時期もあったな。と一人ごちた。  
/125ページ

最初のコメントを投稿しよう!