5

14/14
483人が本棚に入れています
本棚に追加
/97ページ
私にとっては宝物だ 「咲良・・・・」 改まって誠治が私の名前を呼ぶ 「俺と付き合って下さい」 「はい」 そう答えると、もう一度誠治は唇を合わせてくる 誓いのキスのように・・・・ 今日から私は誠治の彼女になる 嬉しいような・・・・ 恥ずかしいような・・・・ もしかしたら、私達の恋愛は3年前に始まり、別れた後も余韻だけが残り今に続いていたのかもしれない そして今日から第二部の始まり 誠治と再会してからいっぱい後悔したし、過去の自分も恨んだ でも、結果ありきかな・・・・・ 今の私は3年前の私に感謝したい 誠治を振ってくれてありがとうって fin
/97ページ

最初のコメントを投稿しよう!