三 苺と油揚げ

1/45
894人が本棚に入れています
本棚に追加
/206

三 苺と油揚げ

 四月も第三週に入り、桜は散り、黄緑色の若葉が目立ってきていた。  校庭でもハナミズキの花が咲き始めている。 「薫」  瑛太が教室に入ってくると、クラスメイトが一瞬ざわついた。  だが、彼は髪型以外変化はない。  クラスメイトたちはもう見慣れてしまったらしく、話題にすることもなくすぐに自分たちの世界へと戻っていく。  薫は彼に変化がないかを慎重に探し、無事を確認すると「何?」と本題を促した。時計を見るとあと五分で本鈴が鳴る。  瑛太はスマホを取り出すと、地図アプリを立ち上げた。 「今週末なんだけど、《稲荷》から順に当たって行こうと思う」 「ああ、名前探し……八つのうちの一つ?」  先日の話を思い出す。屋敷神に祀ってある可能性のある神様。 「でもよく考えたら、その八つの神様以外ってこともあるかもしれないよね?」 「だとしてもいるかわからない祖先神を探すよりはまし。時間もないし、これみて」 「ここってどこ?」  アプリでは神社にスポットが当たっているけれど、縮尺が大きいため周辺の目印が入っていない。 「鎌ヶ谷(かまがや)の方」 「鎌ヶ谷? 遠いね」 「主祭神でなきゃ他にもあったけど。あとは車じゃないとちょっと厳しい感じのとこばっかで、一番アクセスがいいのがここだった」 「じゃあ、今度は電車?」  瑛太は渋い顔で頷く。 「電車代もったいないけど、しょうがない」
/206

最初のコメントを投稿しよう!