ポップコーンラブ

9/15
70人が本棚に入れています
本棚に追加
/15ページ
 困った顔で苦笑する。身の丈に合わない贈り物は困るけれど、彼の優しさは素直に嬉しかった。その優しさはバックパッカーだったときの彼からも滲み出ていたのを思い出す。彼が作ってくれたパスタは美味しかったし、僕に触れる指も気遣いのあるものだった。僕がそばにいてくれようとする彼を拒絶したときも、彼の手は温かかった。 「良ければドライブしない?」  意図を図りかねて僕は首を傾げた。彼はもう宿に困ったバックパッカーではない。  僕の察しの悪さに、彼は困ったように苦笑した。一旦視線を落とした彼は、少しためらってから口を開く。 「あなたがちゃんと泣けたのか、ずっと気になってた」 「あぁ、そういえば泣いてないな。もしかしたら、君のおかげかもね。あのときは、ありが――」 「あなたはいつも自分に嘘をついてる」  感謝したつもりなのに、なぜか彼は厳しい顔をして僕の言葉を遮った。 「嘘?」 「一人で平気だって俺を拒んだときも、あなたは嘘をついてた。今は……」  慣れない日本語に言いよどみ、諦めたように頭を振る。彼は英語に切り替え、早口で僕を責めた。言いなれた言葉のせいか、語調は強く、想像以上に感情的になっていた彼に驚いた。 「泣いていないのはあなたが前の恋人のことを忘れていないからだ。忘れたふりをしてるだけだ」  知ったかぶった言い方に、反感を抱かずにはいられなかった。いくら善意から発したものであろうと、踏み込んでもらいたくない場所がある。 「僕と一晩寝ただけなのに、知った口を利かないでもらいたいな」 「忘れたっていうなら、俺とデートして」  睨みつける相手を口説こうとする彼が理解できない。 「なんで君と。僕らはそういう関係じゃない。君がどこの王子様だろうと、僕は君と取り引きしたんだ。ベッドとセックスとをね。恋愛できるようなクリーンな関係じゃない」 「クリーンじゃなければ恋愛出来ないなんて、本気で思ってるの? 本気で恋に落ちたことが無いんだな」 「なんだって? 僕のどこが――」  人の視線を感じ、口をつぐんだ。エントランスでの言い合いは人目を引く。日本語でなかっただけいくらかマシだが、分かる人には分かってしまう。マンションの住人らしき人が通り過ぎるのを待って、足早にエレベーターへ向かった。彼はすぐ後ろをついてくる。 「もう帰ってくれ」 「俺は帰らない。あなたに会いに来たんだ」
/15ページ

最初のコメントを投稿しよう!