美術教師の束縛

1/21
808人が本棚に入れています
本棚に追加
/95

美術教師の束縛

狭く暗い闇の中。 「っ………っ、」 少年は僅かな埃の匂いに目を覚ます。 ここは……。 頭の奥がぐらぐらし、暗闇に平衡感覚を奪われる。 「………?」 下半身に違和感を覚えて下を見るも、暗闇で何も見えない。手を伸ばして確認しようとして気づく。 後ろ手に縄のようなものでがっちりと拘束されている。出せる限りの力を入れてみるがびくともしない。 手首だけではなかった。腕、肩、更には胸や胴、両脚の間にもきつく複雑な形に縄が張り巡らされているらしく、身動きができない。手首の後ろの縄で壁に強く括り付けられているようで、ここから一歩たりとも動くことが許されなかった。 縛られたまま狭い縦長の暗闇の中、茫然と立ち尽くす少年。 ずくん……。 初めに感じた下半身の違和感がまたよみがえる。 感じないよう気を紛らわそうとするも、その感覚は徐々に少年を蝕む。 「っ、なに、これぇ、……っ、」 局部がむずむずと立ち上がるのが暗闇の中でもわかってしまう。 「やっ、やだっ、……っぅ」 どういうわけかぱんぱんに立ち上がった陰部が辛く、思わず腰をくねらせてしまう少年。 だれか、だれか助けて………。
/95

最初のコメントを投稿しよう!