僕は実は機械だったりもする。

1/2
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/26ページ

僕は実は機械だったりもする。

2029年、7月8日。晴れ。 特に異常はない。 今日も「彼女」はいつも通り、全国からくる気象予測や物理シュミレーションの演算を行い、国のデーター保存所に送っている。 記録:第203号。38日目。 僕はタブレットに記録を書き終え、国の記録管理者に送った。 目の前に座る白髪の少女は、ひっそりと目を閉じて、演算を行っている。 彼女の名前は「白」。 この時代では珍しい人間だ。 珍しい、というのは、去年起こった戦争で人間の7割が死に、人間の数よりも機械人間の方が多くなってしまっているからだ。 そして、彼女は日々研究所などから送られてくる難解な計算を行なわされ、この部屋に閉じ込められている。 えっ? どうしてそんなことさせられているのか、だって? ごほん、それは僕が教えてあげよう。 実は去年起こった戦争というのは、発達した機械達が人間に起こしたクーデターのようなもので、「これからは俺たちの時代だ!」っていう感じで始まったんだ。 まあ、結果は勝敗もつかずにただ人間の数が減っただけだったんだけど。     
/26ページ

最初のコメントを投稿しよう!