注文の多い書店

「注文の多い料理店」をパロディにした大人のための童話

23 419

ホラー 完結
10分 (5,917文字)
宮澤賢治のあの有名なお話を基に、大人のためのパロディにした童話です。

あらすじ

『超・妄想コンテスト』の「本屋さん」のために書いた超短編小説。 宮澤賢治の「注文の多い料理店」に着想を得たパロディとなっております。 料理店ではなく、注文の多い〝書店(本屋さん)〟とはいかなるものか?

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

ラストシーンが映像として見えるようでした。 世にも奇妙・・・などのドラマであっても面白そうだと思います。 短編とあって、さらっとした怖さが読みやすかったです。 長いと怖いので(笑)
面白かったです。最初、『注文の多い料理店』が頭に浮かび興味をそそられました。どんな話なんだろう…と思いながらページを捲っていった感じでしたが、期待を裏切られることなく楽しめました。

その他情報

公開日 2017/7/9

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る