新年3日に琉球新報に掲載された記事をTwitterで知りました。

1/1
16人が本棚に入れています
本棚に追加
/43ページ

新年3日に琉球新報に掲載された記事をTwitterで知りました。

新年3日に琉球新報に掲載された記事をTwitterで知りました。 『 津波犠牲女児の遺体か、 父「 間違いない 」 ガマヤフー具志堅さんが福島・大熊町で捜索 』 原発から約3キロ、立入が制限されている区域。 2011年3月11日から10年以上。 恐ろしいような過酷な月日を娘の捜索に費やした、 考える前にもう下瞼の痙攣が止まりません。 どんなに、と心がその錘で詰まってしまうような月日。 この記事を読んだ翌朝、 その写真集をページを広げました。 会えて良かった。 そんな言葉しか出てこない、あまりにも哀しくて辛くて、張り裂けそうな日々をどうやって超えてこられてのかと。 改めて、 最初に探していられる事実を知り、写真集を購入し、 手に取り、 そのページをめくった日を思い出します。 続編を書く、あのままではないんだまだまだ続いていたんだと、知った日。 亡くなった方、遺された方、被災を負い生きることを諦めず確かで尊い営みを続ける方達に 深く心を寄せたいと思います。 私事ながら、 エブリスタの場所を借りて、 東日本大震災後8年目に覚えておかなければと記憶として起こした話。 " 眺めのない部屋 " そして、その翌年、このお父様の家族の写真集を見た後、 10年目に再度大きな地震をきっかけに続編として、 " 眺めのない部屋………再び " を書きました。 そして今年、 女の子の遺骨の発見。 このような大きな哀しみに相対した方々は、 これで終わりではないと思います。 記録、記憶、全てのものがこの先もずっとずっと人々の私たちの心の中でその形を留めていく。 そのことを又ここで祈念したいと思います。 合掌 お父様の写真集の表紙の画像を載せます。 bda9e8f1-9f83-438e-866e-7ac289092651 写真集を手に取られることがありましたら嬉しいです。 honolulu
/43ページ

最初のコメントを投稿しよう!