プロローグ

1/2
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/21ページ

プロローグ

「結城駿太(ゆうきしゅんた)だな。話がある」  夏休み明けの授業は何てだるいんだろう。早く帰って遊びたい。  そんな話を友人としていた時だった。 「ええと、どちらさん?」  完全初対面の男子は、片目が隠れそうなほどに伸びた前髪を苛立たしげに払った。 「いいから来い。大事な用なんだ」  こちらを睨む、鋭い瞳が怖い。頷かないと酷い目に遭わされそうな気がする。 「わ、わかった。言う通りにするよ」  彼は黙ってついてこいとばかりに、どんどんと足を進めていく。話があるんじゃなかったのかという突っ込みは、おとなしく飲み込んでおくことにした。  行き先は、普段は立ち入り禁止とされている屋上だった。管理者が怠惰なのか、鍵が開いてたり開いていなかったりする。 「サチ、連れてきたぞ」  扉が開いた先にいた先客に向かって彼が呼びかけると、ゆっくりとこちらを振り向いた。  腰までまっすぐに伸びた黒髪がふわりと舞って、オレンジの光を受けて輝く。白い肌に飾られたブラウンの瞳と視線が絡み合い、大げさなほどに開かれる。  そのまま言葉なく見つめ続けられ、どうにも居心地が悪くなってきた。おそるおそる呼びかける。     
/21ページ

最初のコメントを投稿しよう!