∞・‡―【9】―‡・∞

18/18
22人が本棚に入れています
本棚に追加
/288ページ
  中条先輩は其のまま去っていった。 何処の異世界に迷い込んだらこう成る訳? 何ココ!怖い!!! 「豊久」 「ひえっ!…あ、おじさん…」 「誰と話していた?」 「えと…中条三那飛って人で、高校時」 「中条か…運の悪い奴だ」 「止めて…可愛い甥っ子にヤツとか言うの止めて…ヤバイ人なの?」 「此の【領域(エリア)】ではな」 「うお~~~!連れて来たのおじさんじゃん!絶対に責任取ってくれよな!!前祝いとか言ってさ、全然そんな雰囲気じゃなかったし!!」 「お前の配属は此処にしない。其れが確定しただけの話だ」 「なーーーに言っちゃってんの!勝手に!俺の職場は俺が自分で決めるんだよ!!」 「無理に成っただろう、今。」 何ソレ理不尽~~~!!  
/288ページ

最初のコメントを投稿しよう!