ルイの想い

6/7
1961人が本棚に入れています
本棚に追加
/189ページ
ご飯を食べ終えると次郎はソファに座って、赤ちゃん雑誌を読んでいた。 その間に洗い物をしてリビングに戻ると、次郎は座ったまま眠ってしまっている。 隣に座り、様子をうかがう私にはまったく気付かずにぐっすりだ。 座ったまま寝るなんて、よっぽど疲れてるのかな。 空いてる時間をここに来るのに使っているなら、単純に考えて休む時間が減っているはず。 私から元気をもらってるから大丈夫と言っていたけど、体力的に無理していないのか気になった。 「次郎、寝るなら帰ってゆっくり寝たほうがいいんじゃない?」 肩を優しく叩き声を掛けると、小さく唸りながら顔をしかめる。 「ん、……もうちょい。」 そう言うと、次郎はゆっくり上半身を倒した。 「え?」 私の膝に頭を乗せた次郎は規則正しく胸を上下させる。 「……寝てる。」 顔を覗き込むと気持ちよさそうに、眠っていた。 膝枕の状態になった私は、どうしようかと一人辺りをキョロキョロする。 完全に手持ち無沙汰になった私は、次郎を観察することにした。 女の子みたいに長い睫毛に綺麗な肌。 スキンケアどうやってんだろう、そう思ってしまうほどツルツルの肌は女から見ても羨ましい。 そっと、頭を撫でて手を止めた。 気付かなかったけど、次郎の頭は整髪剤でカチカチだった。 よく見ればメイクもしたまままだ。 今日はテレビ番組の収録だと言っていた。 その日の仕事が終われば、シャワーを浴びてメイクも全部落とすと聞いたことがある。 テレビ局ならシャワー室はあるはずだし、シャワーを浴びる時間も削ってここに来たのか、それともこの後まだ仕事が残っているのか。 どちらにしろ、限られた時間の中で無理矢理ここに来てくれているのが分かった。 有り難いし、嬉しいけど……体調を壊さないか心配だ。 「次郎、そろそろ起きて。」 マネージャーさんから呼び出しの連絡もなく1時間くらい経った頃、いい加減帰って休んだ方が良いだろうと声をかけた。 「ん?……ああ…わりぃ……。」 寝ぼけているのか、ポツリポツリと声を発した次郎はゆっくり起き上がった。
/189ページ

最初のコメントを投稿しよう!