特集

ラグナロク-神々の黄昏

中身に関するコメントが頂けたら、嬉しいです。

永戸 拓也

8時間40分 (311,835文字)
プロ志向です。書籍化を目指しています。宜しくお願いします。

170 2,519

あらすじ

時は19世紀末、スカンディナビア半島の南東部に位置する小国家郡、 ヴィクトール国、その中のイヴレイという街が主な舞台である。 16歳の少年アダムが、イヴレイの学園に転校し、 そこである少女とひょんな出

感想・レビュー 5

読了しました。 三部作の一作目ということで、本来なら三部作完成後にレビューすべきでしょうが、 レビューさせていただきます。 時代考証、ストーリー構成がしっかりしています。 虚実を織り交ぜ、作品を真に迫
ネタバレあり
1件
読了しました。 作者さまの愛情と情熱と知識が、たっぷり詰まった作品ですね。作品に対する愛が強く感じられました。資料もたくさん調べられて、下準備されたのではないかと思います。 19世紀末が好きな人は
サラはなぜ探偵になったのか? 疑問はつきることはありませんが、とても興味深いお話でした。 サラの知識も考え方もとても新鮮でした。 面白いお話ありがとうございました。
ネタバレあり
もっと見る

この作者の作品